読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突然の孫の視力低下!

今日は私の娘が家に来たときに聞いた話しを紹介したいと思います。

 

私の娘は31歳の派遣社員です。
家族構成は主人と娘、小学二年生の息子の3人です。


孫の視力低下に娘が気がついたのは小学一年生の視力検査が終わってからです。


眼科で改めて検査してもらうよう学校からすすめられ、正直驚いたようですが、
これまで視力検査でひっかかったことがないので、私もまさかと思いました。
そのときの孫の視力は確か0.7くらいでした。
学校から手紙をもらったその日の夜に、近くの眼科へ行きました。
特に異常はないので、眼科では様子をみるように言われ、その後学校へ報告したようです。

それから約半年後、再び視力検査でひっかかり眼科行くよう学校からすすめられ、
今度はわずか半年で視力が0.4まで下がっていたとのことです。
短期間の間にこれは大変だと思い、娘とともに私もまたすぐ眼科へ駆けつけました。
そこで今度は近視の疑いがあるといわれました。
原因は遺伝的なものだということでしたが、娘はとても目がよく今でも両目1.0以上は見えます。
なのでおそらく主人のほうの遺伝でしょう。
大人である娘より子供の目が悪いことはショックです。
これからさらに低下するといわれ、今のうちになんとかしたいと思いました。
そこで他の眼科でも二ヶ月間診てもらいましたが、良くなることは難しいといわれました。
孫は今、黒板の字が見えずらいときがあると言っています。
姿勢も悪く、字を書くとき目を極端に近づける癖があるので、私は毎日注意しています。
それから他の子供よりゲームやTVを控えさせ、画面を見るときはブルーライト防止用のメガネを必ずつけさせています。
なんとか低学年のうちだけでもメガネは避けたいと思っています。

そこで私の友人から紹介されたトレーニングを試してみようと考えています。↓

http://www.xn--tfru3ard13jrsjymfs82g.com/

踏み出した第2の人生!

こんにちは、はじめまして。

 

私は67才の警備会社に勤めていた愛知県在住の市原と申します。

 

私、昨年末で長年勤めた警備会社を退職し、新たな人生をスタートさせました!

 

とは言いましても契約社員のため、退職金が出るわけでもなく、雇用契約

解除したというだけではありますが、自主退職しました(^.^)

 

私は7年ほど前に妻とも別れ、独り身であり、子供も居なかったので時間は

もちろん、金銭的にも私一人を養うことが出来ればよく、比較的融通も利いた

ことから一念発起して、退職に踏み切ることにしました。

 

これまで、あまりお金をかけずに生活をしてきたため、これまでの貯金で何とか

出来ると考え、引き続き節約生活を続けながら国内の色々なところに出掛けて

、大好きなお酒を飲み、残りの余生を謳歌したいと思います!

 

という分けて、今回は早速新年第1段ということで、静岡に旅行に来ております(^.^)

 

今回の旅のスケジュールですが、

 

御殿場線に乗って、足柄駅というところから金時山へ登山をしてきました!

足柄駅から足柄古道というところをたどり、足柄峠を経て金時山へ登るという

コースです。

今回は足柄駅よりタクシーに乗り、足柄峠のふもとまで行きました。

 

距離は少し長いですが、天気がよかったこともあり、富士山からの眺望も大変よく、とても気持ちよく登山をすることが出来ました。

 

金時山は標高はあまり高くありませんが、距離はそれなりにあり、初級~中級者向けといったところでしょうか。

関東方面からアクセスもそれなりに良いようで、平日にも関わらず多くの登山客

で賑わっていました(^.^)

 

金時山は金太郎伝説誕生の地であり、山の麓の神社には金太郎が祭られており、

頂上には大きなマサカリのモニュメントがあります!

http://hakone-hiking.sakura.ne.jp/kintoki/sengoku.html#santyou

 

山頂の山小屋には登山者が登山した際に名前を記帳する帳簿がありました。

名前を書くところまでは良かったのですが、ふと山小屋周囲を見ると数百回

、数千回と登られた方の記録が掲げられていました(ー_ー)!!

桁が違います。。。

そしてそんな金時山を下山し、現在は三島の魚河岸で少し贅沢にお寿司を食べ

ドーミーインにて温泉に浸かって、のんびりと過ごしております。

 

そんな私の退職生活やこれまでの生活での話をこのブログで紹介できたらと

思います。それでは!